一般社団法人設立手続きに関するコンサルティングや、一般社団法人設立手続き一式を専門家(行政書士・司法書士)がサポート致します

一般社団法人設立全国マップ » 未分類 » 相続手続の基礎知識

未分類の一般社団法人設立の専門家

相続手続の基礎知識

未分類の一般社団法人設立ならお任せ下さい!

相続手続の基礎知識

法定相続

民法で相続人がどれくらいの割合で相続するかの基準を法定相続といいます。

相続人が配偶者、子ども1人の場合。

相続人が配偶者、子ども1人の場合

配偶者と子どもは1/2ずつの配分になります。

相続人が配偶者と被相続人の両親の場合。

被相続人の両親の場合

配偶者が2/3、被相続人の両親が1/3。(それぞれは、その半分で1/6ずつ)。

相続人が配偶者と被相続人の兄姉の場合。

被相続人の兄姉の場合

配偶者が3/4で、被相続人の兄姉が1/4。(兄、姉それぞれは、1/8ずつ)

法定相続人の範囲と順位

被相続人(財産を遺す人)にとって配偶者(夫または妻)は、順位なく常に相続人となります。

第1順位の相続人は子どもですが、子どもがいなくて孫がいる場合は孫、というように直系のもの(直系卑属)が相続人となります。
(子や孫の配偶者は、相続人にはなれません。)

第1順位の者がいない場合、第2順位の相続人は、被相続人の父、母で

父や母が両方おらず、祖父や祖母が健在のときは、祖父や祖母など直系のもの(直系尊属)が相続人となります。

第1順位も第2順位もいない場合、第3順位の相続人は、被相続人の兄弟姉妹がなります。

兄弟姉妹もいないときは、甥・姪が相続人となります。

ただ、甥・姪までが相続人で、その子どもは相続権はありません。

相続人になれる者とそうでない者は、覚えておくとよいでしょう。

相続順位

代襲相続

相続で、本来は相続人となるべき人が相続人より先に死亡したり、その他の原因で相続人になれなかったりする場合があります。このような場合には、相続する権利を子や孫が受け継ぐことになります。これを代襲相続といいます。

被相続人より子どもが先に死亡した場合→孫に、孫も死亡した場合→ひ孫にと相続権が承継されていきます。子や孫などの直系卑属がいない場合は、被相続人の父や母など直系尊属が相続することになります。これも、父、母がいない場合、祖父、祖母がいれば、さかのぼって承継されます。

直系尊属も直系卑属もいない場合、被相続人の兄弟姉妹が相続しますが、さらに兄弟姉妹もなくなっている場合は、被相続人の甥、姪が代襲相続をします。
代襲相続は、甥、姪までしか認められていません。これが代襲相続の特徴的なことです。
代襲相続の範囲にも制限があるのです。

相続手続の基礎知識へのお問い合わせは下記まで。

TEL
Email

※一般社団法人設立全国マップを見てとお伝えいただくとスムーズです。

※ご依頼の前は必ず「ご依頼方法/サービスの流れ」をご確認ください。

一般社団法人各種手続き報酬目安

定款作成&認証サービス
書類作成のみ
完全代行

※設立には、上記専門家の報酬以外に、実費に関しては、概算で公証人手数料50,000円、定款謄本交付手数料1,000円~3,000円程度(通数、ページ数による)、登録免許税6万円となります。詳細につきましてはお問い合わせ下さいませ。

プロフィール

未分類-相続手続の基礎知識

相続手続の基礎知識概要

代表
所在地
TEL
FAX
E-mail
営業時間
取扱業務

アクセスマップ

相続手続の基礎知識へのお問い合わせは下記まで。

TEL
Email

※一般社団法人設立全国マップを見てとお伝えいただくとスムーズです。

※ご依頼の前は必ず「ご依頼方法/サービスの流れ」をご確認ください。





一般社団法人設立マップサービス案内


専門家PICKUP

和田行政書士事務所

和田 哲治
和田行政書士事務所
(大分)

和田行政書士事務所の詳細を見る


一般社団法人設立の専門家の皆様へ

一般社団法人設立全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!

スポンサードリンク