一般社団法人設立手続きに関するコンサルティングや、一般社団法人設立手続き一式を専門家(行政書士・司法書士)がサポート致します

一般財団法人について

一般財団法人の機関

一般財団法人には、評議員、評議員会、理事、理事会及び監事を必ず置かなければなりません。
また、定款の定めによって、会計監査人を置くことができます。
さらに、大規模一般財団法人(貸借対照表の負債の合計額が200億円以上の一般財団法人をいいます。)は、会計監査人を置かなければなりません。

つまり、一般財団法人の機関設計は次の2通りとなります。

  1. 評議員+評議員会+理事+理事会+監事
  2. 評議員+評議員会+理事+理事会+監事+会計監査人

なお、設立時理事及び設立時評議員は3人以上でなければなりません。

評議員・評議員会とは

一般財団法人には社員がいないため、一般社団法人のように社員総会がありません。代わりに、評議員会が一般社団法人における社員総会の役目を果たし、理事会の選任・解任や計算書類の承認、定款変更など、法律・定款で定める事項の意思決定を行います。

これに対し理事会は、業務の執行の決定、理事のぢょックムの執行の監督及び代表理事の選定と解職を行う権限を持っています。

公益社団法人や非営利型一般社団法人の設立をご自身で安く設立する方法はこちら 自分で出来る一般社団法人設立キット

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」とは?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

利用条件はたった2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。




一般社団法人設立マップサービス案内



一般社団法人設立の専門家の皆様へ

一般社団法人設立全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!

スポンサードリンク